丸わかり!ロードセル厳選サイト6選

ロードセルとは力を数字表示するための機器です

ロードセルとは力を数字表示するための機器のことですが、数字表示する体重計などに使われています。これはいろんなところで利用されており、重機類などにも利用されているので、利用した機器を見たことがある人は多いはずです。

これは利用範囲が広い為、いろんな種類が販売されているわけですが、敏感で精度の高い物からそれほど精度が高くないものまでたくさん販売されています。したがってこれを使いたいと考える会社の人はこのキーワードで検索して商品をよく比較検討しないといけないわけです。

力を数字表示させるにはいろんな手法が使われますが、それをネットで調べることが出来ます。これを使った機器を調べることもできますから、これから作ろうとする機械に適応した物を選ばないといけないわけです。作ろうとする器械に適応した物を選ぶことが大事になることになります。

富士コントロールズ株式会社

おすすめ度 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★

ポイント

  • 導入後のあらゆるトラブルに対応してくれます
  • プレス機・ロードセルの製造メーカーです
  • 200N~200kNと幅広くロードセルを用意しています

富士コントロールズ株式会社はロードセルの製造販売でとても実績の高い会社です。プレス機の製造メーカーとして長年蓄積してきた経験とノウハウでロードセルを製造販売しています。富士コントロールズ株式会社のロードセルは勿論高精度であらゆる機器の安心して導入できます。

富士コントロールズ株式会社ではロードセル導入後のトラブルにもとても柔軟に対応して解決してくれます。アフターフォローも行き届いているメーカーなので安心してロードセルを導入することが出来ます。富士コントロールズ株式会社では様々なロードセルを用意しています。

小型形状のものから丸型タイプまで使用機器に合わせてベストなロードセルをチョイスできます。また定格容量も富士コントロールズ株式会社なら200N~200kNと幅広く用意できています。

公式サイトはコチラ

ユニパルス株式会社

おすすめ度 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
利用しやすさ ★★★
サービス内容 ★★★

ポイント

  • 様々な計測器を開発製造しています
  • 100g(1N)~100ton(1MN)のレンジに対応したロードセルを用意
  • 使用目的にぴったりなロードセルを用意してくれます

測定機器の開発や製造を行っているユニパルス株式会社では各種ロードセルを開発・製造しています。荷重を計るロードセルは高性能であることそして耐久性があることが求められます。ユニパルス株式会社では社長以下優秀なスタッフが日々ロードセルの開発に力を注いでいます。

ユニパルス株式会社ではロードセルを必要とする機器に合わせて要望にぴったりなロードセルを用意してくれます。力をはかる計り方に合わせてロードセルを選択しカスタマイズしてくれます。ユニパルス株式会社では様々な容量のロードセルを用意しています。

100g(1N)~100ton(1MN)のレンジなら問題なく求めている測定方法にぴったりなロードセルを用意してくれます。ユニパルス株式会社はロードセルの開発力に優れます。希望のロードセルをユニパルス株式会社なら用意してくれます。

公式サイトはコチラ

株式会社イマダ

おすすめ度 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

ポイント

  • 荷重測定器の国内先発メーカーです
  • 様々なロードセルを製造開発しています
  • ロードセルのオーダーメイドも対応しています

株式会社イマダは航空産業向けのプッシュプルゲージを始めて国内で製造開発したメーカーです。航空産業会で培われたノウハウと経験が株式会社イマダの開発製造する測定器の高精度にも表れています。株式会社イマダでは各種ロードセルも開発しています。

株式会社イマダの用意したロードセルとアンプを株式会社イマダのプッシュプルゲージなどに組み合わせればどのような荷重測定も手軽に高精度に行う事が出来ます。しかも株式会社イマダはこれらのロードセルを測定用途や目的に合わせてカスタマイズも行ってくれます。

株式会社イマダではラボを置き、予約をすればロードセルなどを実際に使用し、又、仕様に関しても気軽に打合せ対応を行ってくれます。荷重測定に関する事なら株式会社イマダはなんでも相談にのってくれます。

公式サイトはコチラ

株式会社バルコム

おすすめ度 ★★★
利用満足度 ★★★
情報の多さ ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★

ポイント

  • 海外販売も行っているロードセルのプロ
  • 設立から30年以上のノウハウがある老舗会社
  • 西日本を中心に、全国で約500拠点のネットワークを所持

株式会社バルコムは、1984年に設立され、今では西日本を中心に全国で約500のネットワークを持っています。また、海外にも販売展開しており、アジアを中心に中国やシンガポールなどでも事業展開している会社です。

当社では、ロードセルを始め、圧力センサなどの製品も豊富に取り扱っております。国際展示場には積極的に参加し、お客様とのご相談の機会も設け、デモンストレーションも行っております。さらには、よりご理解をいただくため、製品の展示場も設け、常時ご覧にただけることができます。

当社自慢の製品をお手に触れられる機会ですので、お越しいただければ幸いです。圧力のプロである弊社のノウハウで、お客様のご要望にお応えしていきます。まずは、当社サイトをぜひご覧下さい。

公式サイトはコチラ

ミネベアミツミ株式会社

おすすめ度 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★

ポイント

  • 質の高い製品をいくつも提供している特徴
  • 少ないお金で製品を購入する事ができる強み
  • 知識豊富なスタッフが最適な商品を提案

ロードセルの他にミネベアミツミ株式会社は、質の高い製品をいくつも提供しているのが特徴です。利用目的に合わせて、最適な製品を提供できるように取り組んでおり、種類が豊富に揃えられているのも強みになっています。

興味や関心を持っている方に対し、少ないお金で求めている製品を提供できるように金額設定がされています。また金額が低くても質は行って以上に保たれていて、お金の心配をしないで注文できる環境が作り出されているサイトです。

どのような製品を購入すればいいのか分からない時、知識と経験豊富なスタッフに相談する事ができ、色々と提案してもらえるサービスを行っていて、高い評価を獲得しています。

公式サイトはコチラ

株式会社 共和電業

おすすめ度 ★★★
利用満足度 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
利用しやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★

ポイント

  • 気軽に見積もりを実施してもらえる魅力
  • 高性能な製品やソフトウェアを多く提供
  • 世界中で販売実績を積み重ねている特徴

気軽に見積もりをしてもらう事ができ、ロードセルやその他製品に必要なお金を把握する事ができます。また見積もりをしてもらったからといって、必ずしも購入しなくてはいけないので、気軽に見積もりをしてもらう事が可能です。

ロードセル以外にも多くの製品を取り扱っていて、ソフトウェアなども提供しているのが株式会社 共和電業になります。その為、多くの実績を積み重ねており、質の高い製品やソフトウェアを提供する事に成功しています。

国内で販売を行っているだけではなく、世界中で販売を実施しているのが特徴になります。その為多くの販売実績を積み重ねることに成功しており、更なる高みを目指している業者のサイトです。

公式サイトはコチラ

今までに無い「物体」の重さをはかるロードセルの仕様

今までの従来型のロードセルの類といったものの場合、大抵のものとしては、測定対象物である目的物を吊り下げて測る仕様のもの、あるいは台車仕様のもので、一目見て通常の秤に見えるものですが重量表示がデジタル数値表示でなされるもの、ある一定の種類の物体を測定するとそのパターンを記憶をして、それと同じものを測定をすると複数台上に載せたりすると、その載せた個数分の重量合計を算出したりするもの、その他様々な仕様のものが挙げられます。そうした、それらの基本仕様が従来型のものに対して、近年開発・生産をされたものの中には、これまでには無い測定仕様や、その他様々なタイプのものが、コンピューターOSの著しい発達の下での環境で、3Dプリンターなどを駆使しながら開発・製造・生産をされている現状があります。

それでは、そうした従来型のものとは異なる、最近になり開発や生産をされているタイプのものを、今から幾つか挙げていきます。中にはもう既に、日常的に購入をされて、多くの方により利用を実際にされているものも存在していますので、この記事を読まれている方の中には、もう少しロードセルに関しての知識を深めていきたいなどといった方には特に、勉強になる内容でもあります。まずは、見た目が従来型のものと同じタイプで、測定仕様が全然異なる製品であるものについてです。このタイプは主に、台車仕様のタイプのものが多いですが、少々の動きをする物体でも載せると大体の重量・体重などの数値を正確に出しますので、動物関連のお仕事をされたりしている方には、小動物のある程度の正確な体重を測れるといった理由で、大変重宝をされて人気があります。

2つ目は、なんと、目的物を載せたり、あるいは吊る、引っ張ったりするといった、いわゆる基本作業などをしないで、特殊なカメラでその目的物本体を撮影測定をするだけで、それ自体の重量・体重が分かるというものです。これなどはさすがに開発技術のレベルが中々高い事から、一般私人向けなどではあまり販売をされていないような感があります。そうした事情から、それ程生産数量や種類の多さなどは無く、主に中小規模以上の事業者向けの製品として販売をされたりしているところもあります。しかしそれでもこのカメラを通じた画像測定が可能といった点は技術的にも大変画期的であり、これからもロードセル業界においては注目をされていく製品仕様である点には間違いがありません。以上が、これまでの従来式であるものには無かった仕様であるロードセルに関しての内容になります。

TOPへ戻る