丸わかり!ロードセル厳選サイト6選

TOP > ロードセルについて > 重量ある開発製品向けのロードセルについて

重量ある開発製品向けのロードセルについて

これもやはり、製品開発や生産をしている事業者毎にもよりますが、開発をした製品自体がある程度の大きさと重量があり、それ向きの強度の限界を測るために測定作業を行うための必要性があるところなども多く存在しています。
大手諸企業の中には、爆発強度などのような、威力ある危険性がある程度ある爆破環境の中での測定作業を行うようなところもあったりしますので、それだけに頑丈さや防爆仕様であるロードセルの製品がやはり、そのようなケースでは必要になってきます。
一方、こうした大掛かりかつ大規模な仕様でそれなりの設備が必要なケースに対して、一般家庭用の家屋と一体化あるいは敷地内にある作業場で行う、小規模事業者規模の小さめな事業をされている自営業者・零細企業などの場合には、あまり大掛かりな開発事業などを行うような事はありません。
法的にも禁止をされている事業内容のものなどもありますので、そのような場合には小規模なものが利用されるケースがほとんどです。


大企業や大手諸企業、中小企業などが扱う開発事業などよりも、そうした小規模事業者である自営業者や零細企業などの場合には、事業そのものが小さい分、それだけに強度測定の規模なども小さめになりますので、それに比例をしてロードセルの製品の仕様なども、小さめなものになります。
そうした仕様であるロードセルになりますので、小さい分、手入れやメンテナンスなども、小規模事業者用のものよりも大き目なものよりもやり易いので、本当に助かります。
また、強度測定の対象物である開発製品本体の大きさも、大抵の場合には小規模なものやコンパクトなサイズのものですので、法的な大きさの制限なども設定がなされています。
この条件に沿いながら、最適なロードセルの製品を探していく事になります。
事業規模に合うロードセルの種類をさがしていく事がまさに、ポイントになってきます。


S字型・ビーム型・ダイヤフラム型・コラム型その他、様々な型式のグレードや種類などがあるロードセルですが、最近では安全性と測定の正確性における精度の高さの両方を重要視した、これまでには無い新しい型式であるモデルなども、多く開発がなされ、生産をされている状況でもあります。
そしてそれらの型式の中でも、最近特に小規模事業者に注目をされているのが、測定精度の正確性に配慮をしつつ、作業面の際での安全性を重要視した「密閉構造型」である種類のものです。
これはこれまでには無いロードセルの仕様の種類の1つであり、本体部分が金属製あるいは柔軟性ある合脂性ゴムなどに覆われている構造になっていて、その上でホッパ部分で製品サンプルを挟み込んで強度を測定していくという仕様ですが、家庭内でも安全に利用が可能ですので、小さな部品・部材の開発をされている小規模事業者のところには、中々お勧めです。

次の記事へ

TOPへ戻る